【ボクシング】ボクサーの懐事情

雑学

ボクサーの収入

先日も村田諒太の世界戦は本当に感動しました。
戦前不利の予想を覆してのKO勝利!これまでの試合と違って、ラッシュ時にも上下に打ち分けていて、ボディにもガンガン入っていました。
あれではチャンピオンがあのラウンドをしのいだとしても、後のKOは時間の問題だったと思います。

さて、日本ボクシング界のトップクラスに位置する村田諒太ですが、世界戦の舞台ともなると1試合のファイトマネーが5,000万円くらい得るそうです。

同じく日本ボクシング界の至宝とも言っていい井上尚弥のファイトマネーが4,000万円強ということですから、2人ともこれまでにファイトマネーだけで軽く億は稼いでいます。

なんとも夢のある話ではありますが、ほとんどのボクサーはそんなに稼げないないようで、亀田興毅によると一握りどころか一つまみだそうです。

駆け出しボクサーの収入

日本のプロボクシングライセンスは3段階あります。

C級ライセンス:通称4回戦ボーイ。4R制の試合に出場できる。4勝するとB級ライセンスに昇格する。

B級ライセンス:6R制の試合に出場できる。2勝するとA級ライセンスに昇格。

A級ライセンス:8Rの試合に出場できる。1勝すると10試合の試合に出場できる。

気になるファイトマネーは、4回戦なら手取りで5万円程度、6回戦に上がれば10万円程度です。そこからマネジメント料としてジムが手数料を取るので、手取りは4回戦約3-4万円、6回戦5-10万円が目安です。

それも現金でくれればよいのですが、ジムによっては試合のチケットとして現物支給されるため、自分の手で販売しないとお金にならないこともあるそうです。

ちなみにオリンピックで金メダルを獲ったボクシングエリートの村田諒太ともなると、デビュー戦から1,000万円くらいもらえたそうですが、これは特別な例です。

日本チャンピオンの収入

苦労して日本チャンピオンになったボクサーともなると、ファイトマネーが100万円くらいになるそうです。
とはいえ1試合で得る収入です。年間にできても3-4試合。怪我でもしたらすぐに食いっぱぐれるので、まだまだ生活は安定しません。

世界チャンピオンの収入

苦労に苦労を重ねてようやく世界チャンピオンまで登りつめると、ファイトマネーは1,000万円程度まで跳ね上がるそうです。

とはいえ、ボクシング界は実力とともに人気がないと収入が増えません。ボクシングの試合は単なる競技会ではなく、観客を呼ぶ興行だからです。

華のない地味なボクサーではスポンサーがつかず、観客も少ないテレビの放映も無いとなるとファイトマネーは上がりません。
だからみんな派手なパフォーマンスをしたりするんですね。

また、軽量級ほどファイトマネーは少なくなる傾向もあり、1,000万円なんてとてもとてもというケースもあるようです。

本場のファイトマネー

ボクシングの本場といえばラスベガスですが、アメリカでは日本とはテレビ放映の仕組みが異なります。

日本ではテレビ局がスポンサーを集めて放映権を買うことで視聴者が無料で視聴できるケースがほとんどですが、アメリカのボクシングではPPV、いわゆるペイ・パー・ビュー(Pay Par View ※訳:観るなら金払え)という集金システムが確立されています。

これは試合の観戦チケットのようなシステムと思えば間違いないです。

この仕組による収益がボクサーに還元されるため、人気ボクサー同士のビッグマッチともなると日本では実現できないような高額なファイトマネーが実現します。

4年前に世紀の一戦として大々的に行われたフロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦では史上最高の460万件のPPVが購入され(単価は日本円で1万円位)、日本円にして460億円の放映収入が発生。

結果としてメイウェザーに270億円、パッキャオに180億円のファイトマネーが支払われたといいますから、まさにアメリカンドリームです。

井上尚弥や村田諒太には、1流のボクサーともなるとこんなに稼げるんだ!

ということを見せてもらって、もっと若いボクサーたちに夢と希望を持たせてあげてほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました