【植物】牛蒡のあれこれ

植物の雑学

牛蒡って何?

私達が普段から食べている牛蒡(ごぼう)。
昨日の記事でキンピラゴボウの由来を書きましたが、その時から気になり始めたのが、牛蒡って何?ということです。

スーパーに行けば普通に売ってるし、日常に食べているけれど、どんな植物かという知識がすっぽり抜け落ちています。
私以外にも案外そんな人はいるんじゃないかと調べてみました。

牛蒡はキク科の多年草

私達が牛蒡を見る機会のほとんどは根っこだけですが、ちゃんとアザミに似たきれいな花を咲かせます。

牛蒡は日本には自生せず、中国から入ってきたそうです。平安時代にはすでに栽培されていたことがわかっています。

日本原産以外の野菜を日本で作物化した唯一の例なんだとか。
未だに世界で牛蒡を食べるのは日本人だけだそうです。

名前の由来

牛蒡という漢字は中国から入ってきた当初にはすでに当てられていたそうで、読み方はゴバウから変化していったようです。

元々、中国では自国の植物に一文字の漢字を当てていたので、蒡という植物があったみたいです。
そこに外来種として入ってきた植物が蒡に似てるけどもより大きかったために、大きさを意味する牛の字を付けて、牛蒡になったようですね。

原産地は特定されておらず、ざっくりとユーラシア大陸北部ということですので、北欧からシベリアまで範囲が広すぎてピンときませんが、寒い地域が好きな野菜のようです。

実際、日本でも主な生産地は青森県や北海道です。

調理法の変化?

牛蒡の調理法と言えば一般的なのが、
・皮を剥く
・ささがきや千切りなど細かく刻む
・水にさらす

ですが、最近の調理法はだいぶ変わってきていて、
・皮はむかない
・大きめにごろんと切る
・水にはさらさない

と、昔からの調理法を全否定するような調理法が良いとするテレビ番組の放送があったようです。

皮をむかない理由は、抗酸化作用を持つポリフェノールが皮に集中しているからだそうです。
水にさらさない理由は、さらした時に出てくる茶褐色の色素こそがポリフェノールで、この流出を防ぐために水にはさらさないほうが良いとのこと。

水にさらすのはアクを抜くためだと教わったんですが、実際に味の方はどうなんでしょうか。

テレビとかって新しい情報で一点突破するために他のことには目をつぶって大げさに伝えてきたりするので、試してみないとイマイチ信用できなかったりします。

個人的にはポリフェノールよりも味の良い方がいいです。

木の根を食べさせたと有罪になった?

牛蒡に由来するエピソードで最もよく聞くのが、戦時中の捕虜に牛蒡を食べさせたところ、後になって木の根っこを食べさせられたと虐待を疑われて有罪になったという話です。

これはほとんど都市伝説に近いもので、牛蒡を食べさせたことだけが原因で有罪になったわけではないようです。

劣悪な衛生環境とか虐待とか、その他諸々のなかに食事の不満の一環として挙げられただけみたいですね。

かわいそうなのは、当時は高価だった牛蒡を良かれと思って捕虜に食べさせてあげたのにまるで気持ちが伝わってないことです。

同じような話で、腰が悪い捕虜にお灸をしてあげたら虐待だと思われたなんて話もあります。

ま、お灸に関してはわからないでもないですが、文化の違いというのは本当に難しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました