【雑学】チキン南蛮や鴨南蛮、カレー南蛮に南蛮漬け・・。「南蛮」て何?

雑学

南蛮といえば戦国時代に日本へやってきたポルトガル人やスペイン人、オランダ人を指すことは有名だと思います。
すでに日本で日常的に食べられている料理にも「南蛮」を冠した料理はたくさんあります。
南蛮漬けや鴨南蛮、カレー南蛮にチキン南蛮。

わからないのは、「南蛮」という言葉のつく料理に共通点が見えないことです。
そこで今日は「南蛮」について書いてみます。

「南蛮」とは西洋からやってきた料理法や食材全般を指すが・・

南蛮とは本来は中国の中華思想(中国が文化の中心で、他は野蛮人)という考え方における四方の異民族(東夷・西戎・北狄・南蛮)のうち、南方の蛮族を指す言葉でした。
南の野蛮人だから「南蛮」です。

室町後期から戦国時代に日本へ渡来したヨーロッパ人たちは、カンボジアやタイなど南回りでやってきた異民族だったので日本では南蛮人と呼ばれるようになりました。

その南蛮人が日本に持ち込んだ料理法や食材を使った料理を総じて「南蛮料理」といい、いろいろな料理が日本に伝わったということです。

チキン南蛮

現在一番食べる機会が多いのは「チキン南蛮」でしょうか。
チキン南蛮の定義は、「鶏肉を揚げていること」「南蛮酢に着けること」だそうです。

南蛮酢とは唐辛子を漬け込んだ酢のことで、この唐辛子こそが南蛮野菜であり「南蛮」なのです。

南蛮野菜、唐辛子(トウガラシ)

南蛮人によって日本に持ち込まれたトウガラシ。
当時は南蛮胡椒とも呼ばれていたようで、日本人には未知の味でした。
おおむね、「南蛮」と名の付く料理にはトウガラシが使われていることが特徴の1つです。

チキン南蛮がチキン南蛮たるにあたって、タルタルソースは関係ないんですね。

もっともお店によって様々なチキン南蛮がありますし、料理なんて時代とともに変わっていくものですから、美味しければそれでいいし、美味しいものが残っていくんですが。

南蛮漬け

一番多いのは小鯵の南蛮漬けでしょうか。
揚げた小アジを南蛮酢に漬け込むことで、骨までバリバリ食べることができる料理です。

南蛮酢を使うから南蛮料理というのも間違いないんですが、揚げた魚や鶏肉、玉ねぎやピーマンを南蛮酢に漬けこむ料理。
これ、じつは完全に西洋のマリネなんですよね

こちらについては、南蛮人の作っていたマリネを真似して作って「南蛮漬け」と呼ばれるようになったようです。

鴨南蛮・カレー南蛮

鴨南蛮やカレー南蛮は、「南蛮蕎麦」と呼ばれます。
いわゆる大ぶりに切って焼いたネギを入れた蕎麦のことを言います。
ネギのことを「南蛮」というそうです。

が。

ネギは南蛮野菜ではなく古来から日本で親しまれてきた食材です。
時に日本へやってきた南蛮人がネギを好んで食べたから、ネギを「南蛮」という。という説明を見受けますが、そんなことあるかいと。

カレー南蛮は明治期に誕生しているので置いておくとして、鴨南蛮は江戸時代にはすでにあったようです。
当時の国学者によると
「昔より異風なるものを南蛮と云ふによれり」
という記述があるようです。

これは完全に私見ですが、鴨南蛮を売り出した蕎麦屋が、目新しいキャッチーな商品名をつけるために「南蛮」を使ったというのが真相な気がします。

ブランディング戦略に近いですね。
現代でも同じような手法はたくさんあります。

千葉にあるのに「東京ディズニーランド」とか、千葉にあるのに「新東京国際空港」とか、千葉にあるのに「東京ドイツ村」とか。

あれ?
千葉ばっかり笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました