【雑学】最近よく見かけるCM・・。ACジャパンとは?

雑学

テレビをつけていると、最近よく流れているのがACジャパンのCMです。
さだまさしの関白宣言を替え歌にしたにゃんぱく宣言を、さだまさし本人が歌って猫の適正飼育を訴えたり、「問題です」から始まって過酷な状況にいる子供たちの惨状を訴える「セーブ・ザ・チルドレン」の広告だったりがACジャパンのCMにあたります。

在京キー局に15秒のCMを1回流すのにだいたい80~100万円くらいが必要といわれるなかで、バンバンCMを流しているACジャパンがいったいどれだけの予算をかけているのか調べてみました。

ACジャパンとは

そもそもACジャパンとは前身を公共広告機構という公益社団法人です。
1970年の大阪万博を前に、当時サントリーの社長だった佐治敬三より設立されました。
設立の理由は、「大阪人のマナーが悪すぎて、訪日外国人に対して恥ずかしい・・・どうしたのものか」という思いが発端になっています。
サントリーといえば、古くはウィスキーのCMでアンクルトリスのシリーズを流したり、現在では缶コーヒーのBOSSのCM(宇宙人ジョーンズ)に代表されるように、ちょっとひねったユニークなCMが多い会社です。
これは当時の社長であった佐治敬三の、「広告は人を説得するための最も強力な手段」という考えからきており、広告によって公共の問題を訴えていくことを目的に設立されています。

ACジャパンの運営費

ACジャパンの運営費は、メディア各社や広告制作会社らの会員からの年会費で賄われています。
現在は約1,000社の法人会員から、会社の規模にはよらず1社あたり年間12万円の会費が主な収入源です。

1,000社×12万円=1億2,000万円

正直、案外少ないなという印象です。
ちょっとヒットしたソシャゲでももっと稼ぎます。

まあ、公的機関として政府から補助金でも出てるんじゃないの?

という疑問も湧きましたが、完全な民間運営で政府や自治体からの公的な資金は受け取っていないとのこと。

実際、公共広告機構の名称だった時期は、「公共広告機構は日本国政府の機関である」という誤解も少なからずあり、それを払しょくするために名称変更をしたという側面も大きいようです。

ACジャパンの広告費は

さて、気になるACジャパンがテレビCMを流すのにかけている費用です。

なんとゼロ円でした。

公共のために格安とかではなく、テレビ局は完全に無料でACジャパンのCMを流し続けているんです。

なぜか。

それは、ACジャパンのCMは原則としてCM枠に空きが出た場合にのみ放送されるからです。

ACジャパンのCMが放送される例

CMの枠が埋まらないとき

これは相当にやむをえないときでしょう。要は番組にスポンサーがつかなかったということです。
すでに完成した番組を15秒伸ばすのは大変ですから、ACジャパンのCMでつなごうということですね。
局の営業が戦々恐々としているのが目に浮かびます。

生放送の都合上、CMをはさみたいとき

これはすでに放送枠もCM枠も埋まっていながら、生放送の都合でどうしてもCMを入れて場面転換を図りたいときなどに、ACジャパンのCMを流して間を持たせようという意図です。

企業側の広告自粛による場合

すでに広告出稿の契約をして、CMも放映する予定ではあったものの、様々な理由で
「やっぱりやめた!お金は払うからACジャパンのCMでも流しておいて!」
というパターンです。

そしてこれこそ、今まさにACジャパンのCMが増えている理由です。

わかりやすいパターンでいうと、全国に緊急事態宣言が発令されて外出や旅行の自粛が要請されているなかで、旅行会社や航空会社、鉄道会社などはCMを流しにくいということです。

今、この自粛ムードの史上最悪のGWを自宅で耐えている人たちに、

「そうだ、京都行こう!」

なんてCMを流したら世間から袋叩きに遭う事は必定です。

家出るなって言ってんだろと。

企業イメージは悪化して、なんのためにCMを放送しているのかわからなくなりますので、

お金は払うから、ACジャパンに差し替えておいて!

となるわけです。

他にもリゾート関連企業や製薬会社なんかも広告を自粛しているようです。
閉園しているのにイースターの企画を放送しても意味が無いですし、社会で検温を徹底しているなかで風邪の症状が出ている人に向けて

「休めないあなたに!」

なんてCMは言語道断です。

熱が出たら自宅待機でお願いします。

ACジャパンの「AC」とは

最後に名称の由来です。
ACとは「ADVERTISING(広告) COUNCIL(評議会)」の頭文字で、元々アメリカの「アド・カウンシル」を見本として設立したことからきています。
単純に公共広告機構を英訳すると、「Pablic Advertising Organization」となりますが、そうしなかったのは本家への敬意でしょうか。

NHK方式(Nihon Housou Kyoukai)のように日本語から頭文字をとってみると、「Koukyou koukoku kikou」からKKKになって、突然秘密結社みたいになってしまうので危ないところでした。

それにしても、「Koukyou koukoku kikou」、「K」が多い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました