【Uber Eats】保険について

Uber Eats

通常の自転車保険は業務中の事故は対象外

 先日、自分が加入していた自転車保険が満期になったお知らせが届きました。
週末ともなるとUberEatsで街を走り回っていますので、そのまま継続をしようと思ったところでしたが、思いがけず、”業務中の事故は対象外”ということを知りました。
かなり安全運転な方だとは自負していますが、昨今の高齢者による交通事故の報道などを見ると、明日何があってもおかしくありません。

ということで、UberEatsをやっていくうえで使えそうな保険を調べることにしました。

Uber側がかけている保険

 まずは自身がかける保険ではなく、システムを提供しているUber側がかけている保険です。UberEatsのHPによると、 Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了するまでの間に生じた事故に対して、保険が適用されるとあります。
内容は、対人対物損害保険で、上限額は1億円とのことです。

ただし、自身の怪我や自転車の修理などには適用されません。
自分の身は自分で守れということですね。

ちょっと気になるのは、先日報道された労働組合結成の件についての関連性。
UberEats側は配達員と雇用関係を結んでいないので、基本的には配達員が事故を起こそうが保険をかける必要性は無いはずです。
それなのにわざわざ保険をかけるということは・・・。

万が一Uber側に使用者責任を認められたときのための備え

ってことでしょうね。
うん、やっぱり自分の身は自分で守りましょう。

TSマークの保険

TSマークの保険とは、公益財団法人日本交通管理技術協会の活動の1つで、協会の認定する自転車安全整備士が点検した自転車に貼付されるもので、傷害保険と賠償責任保険、被害者見舞金(赤色TSマークのみ)がついてくるそうです。

平たくいえば、公式な年次点検を受けていれば、事故を起こしても保険が適用されるよということですね。傷害補償について言えばそれほど高額な補償ではありませんが、あるとないとでは大違いです。

ちょうど自分の自転車もメンテナンスをしたいところだったので、この保険については後日掘り下げてみたいですね。

Bispa法人プラス

Bispa法人プラスは、ネットで調べても数が少ない法人用の自転車保険のようです。
正確には保険ではなく、自転車のロードサービスの付加価値として保険的なサービスもしますよということみたいです。たぶん保険業法のために保険会社を設立するハードルが高いためこんな形なんでしょう。

あくまで保険料ではなく、ロードサービスの月額会員費という形ですが、月の負担は1,400円。年額でも2,500円から入れる自転車保険と比較するとやや高額に感じますが、前述のTSマークの保険よりも全体的に補償が手厚いようです。

結局は自分の判断で

自分みたいな週末の副業にやってる人でも、1週間に公道を走る時間は20時間近くなったりします。これって通勤で自転車を運転している人たちよりもかなり長い時間なんですよね。
それだけリスクも有る仕事です。
万が一に備えて、
①公認整備士の点検を受ける。
②業務中の事故に対応している保険に加入する。
これくらいは備えておいたほうがいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました