【UberEats】守ってほしい自転車の運転マナーまとめ

Uber Eats

UberEatsの悪評は運転マナーの件が多い

少し前の話ですが、こんな記事を読みました。

週間SPA
Uber Eats配達員の運転マナーが酷い。被害者たちから怒りの声が続々

ま、週間SPAの記事なので話半分に考えてもいいでしょう。
とりわけSPAに出てくる(仮)の人は、たぶんそのほとんどが実在しない想像上の人物だと思って読んだ方がいいです。

とは言っても、やはり交通マナーは大事です。
Uberの配達員をしていると、かなり交通マナーを守っていると思われる自分でもヒヤっとする場面はあります。

そこで絶対に守ったほうがいい交通マナーをまとめてみました。

自転車は左側通行

自転車で車道を走る際は、車道の左側を走りましょう。

・・・何言ってんだと。

そんなことは日本国民全員の常識であると思うのですが、案外守らない人は多いのです。

このマナー違反の何が困るって、運転マナーを守って左側を走行している人とかち合うことです。

こういう人は、右側を逆走してきているくせに、前方から自転車がくると右側(歩道側)に避けようとします。
当然、左側を走行するまともな人も左側 (歩道側) に避けようとします。

で、ぶつかると。

そして、逆走を注意すると95%くらいの確率で逆ギレしてきます(当方調べ)

実際に私が注意したことも数多ありますが、謝られたことはただの一度もありませんでした。

この違反は圧倒的にママチャリの人に多いです。
ロードバイク乗りで逆走する人はほぼいないと思います。

自転車は二段階右折

自転車の二段階右折については、そもそも正確なルールを知らないという人もいるかもしれません。

ここらで正しいルールを知っておきましょう。

自転車は全ての交差点で二段階右折です。

大きな交差点でも小さな交差点でも一緒なのです。

間違っても大きな交差点の右折レーンから豪快に右折していくような真似はよしてください。

この違反はロードバイクやピストに乗っている人に多いです。
ビチっとサイクルウェアで身を包んだような人までやっていたりするのは困ったものです。

急ぐ気持ちはわかりますが、これは完全な違反です。
自動車のドライバーから白い目で見られていることを知りましょう。

走行レーンについて

ついでに車線が多い交差点における走行レーンについて確認しておきましょう。

自転車に乗っていて実際に困るのが、左折専用レーンです。

自転車は左側通行。これだけに囚われて左側を走行して、交差点を直進したい。車線はいつの間にか左折専用レーンになっている。

自転車は直進したい。
車は左折してくる。

はい、巻き込み事故の一丁上がりです。

実際にヒヤリとしたことがある方も多いのではないでしょうか。

一応、道路交通法では原則として自転車は車道の左側を走ることになっているので、危険は承知の上で左折専用レーンの左側を直進することがルール上は正しいということになっています。

ただし、あくまで原則なので、危険を察知して車道の中央寄りの直進レーンに入っていったほうが安全なケースは多々あります。

この場合も、問題ないとされているようです。

スマホ操作は停車時に

UberEatsの配達員とは切っても切れないのがスマホ操作です。

走行中にピックの通知が鳴ることもありますし、目的地の地図を見たい場合もあります。

しかし、スマホの操作は必ず停車して行ってください。
走行中にスマホを見るということは、前方を見ないということです。
数秒間スマホ見ながら走行をすることがどれだけ危険か。

仮にロードバイクで配達するとして、幹線道路だと時速25kmは出ます。

1秒間、視線をスマホに向けている間に、自転車はおよそ7mも進みます。
3秒間だと20mを超えます。

3秒間、20m先に子供や老人が飛び出してきたと考えると、どれだけ危険かはわかってくれると思います。

実際にここ数年で起きている自転車による歩行者の死亡事故は、原因にスマホの見ながら運転があるケースが増えています。

自分と他人の人生を守る上でも、スマホ操作は停車時に行ってください。

歩道は徐行で

配達をしていると、歩道を走行しないといけない状況もあります。

ここで気をつけてほしいのは、自転車で歩道を通行する際は必ず徐行するということです。

徐行: 車両等が直ちに停止することができるような速度で進行すること

歩道を走行している時に危険なのは、コンビニやマンションから人が急に出てくることです。

特に店舗から出てくる人は、歩道であることの安心感もあいまってか、左右の確認などしないで踏み出してくる人が多いような気がします。

私などは歩道を走る際は必ず車道側を走行するように心がけています。

自転車の運転マナー

よくyahooニュースのコメント欄なんかでも、UberEatsの配達員の運転マナーを槍玉に挙げるようなコメントを見かけます。

ただ、ハッキリ言っておきたいのは配達員の運転マナーってそんなに悪くないということです。

もちろん、中にはマナー違反の配達員がいることも否定しません。
ただ、見ていると概ね交通ルールを守っている人が多いなという印象です。

誰だって怪我も事故も嫌なので、仕事して長時間の運転をするようになると自然と交通ルールを守るようになるのかもしれません。

一般の自転車ユーザーの方がよっぽどマナー違反は多いように感じます。

あくまで個人の意見ですが、自転車乗りのマナーは、乗っている自転車の価格に比例すると思ってます。

スピードの出る自転車に乗るようになると、交通マナーを守らないと危険でしょうがないですから。

それはともかく、みなさん運転ルールを守って楽しく安全に仕事しましょうね。

Uber配達員を始めようとしている方へ

今はUber側が配達員を増やすのに力を入れているため、現役の配達員からの紹介に報酬を設けています。

以下の招待コードを登録時に入力してもらえれば、私に紹介報酬が入ります。
招待コードを入力してもらった方はこちらでも把握できますので、紹介報酬が確定した段階で最大で70,000円のキャッシュバックをします。
これは他の配達もしたこと無いようなアフィリエイトだけのブロガーの招待コードよりも圧倒的に高い還元率だと思います。

招待コード:IWOF3C

ただ始めるよりは断然お得ですので、是非この招待コードを使ってみてください。

その他、問い合わせフォームから連絡をもらえれば相談や質問も受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました