ちょっと何言ってるのかわかんないです。

先日、といっても、やはり去年の11月頃の話。某展示場で行われた某企業の展示会に行ってきました。


昼下がりにスポーツジムで汗を流していると、突然の着信。中学校の同級生だった、み○み君から。4月くらいに何人かで飲んで以来だ。

前述の展示会に来てくれとのこと。

理由は、”さくら”

招待しているのに来てくれない、取引先の担当者の代わりに受付を通過してくれと。
そして、みか○君の案内で展示場を一周して終わり。

自分以外にも来てくれる人がいたら呼んでほしいとのことなので、1,000円のバイト代を餌にして、初日に1人、二日目にも1人を連れて行きました。


1日目は順調に終了。

事件は2日目。

ちゃんと時間を打ち合わせて行ったにも関わらず、自分が受付を済ませて入口に向かうと、本社?の方が、

「担当営業はお決まりですか?」
と。
「ええ、み○みさんです。」
すると、インカムでなにやら連絡を取ってくれるのですが、
「み○みは他のお客様の対応中ですので、代わりに同じチームのプロジェクトリーダーがご案内します。」
「!?」

で、上司さんの登場。

問題は、僕がさくらってことを知っているのかどうか。
うかつな事は言えないので、言葉少なに自己紹介(偽名)をして、
とりあえず案内されてみる。歩きながら、

「今日はみ○みさんは?」
と、探りを入れてみると、
「彼は”本物のお客様が来た”と、わけのわからないことを言っていました。」
と、ニヤリ。

なんだ、この茶番(笑)

結局、コーヒーをご馳走になりながら、み○み君の評判を聞いてみると、出てくるわ出てくるわ。出会○い系にハマった話や、風○俗など、一般のサラリーマンとは思えないペースらしい。。出○会い系だとお金がかかるからmixiを始めたとかなんとか。。。

もういいぜ。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました