道路はつづくよ。どこまでも。

 これは昨晩のお話です。初めてブログ(日記)っぽいです。

 昨晩はわりと早く仕事が終わったので、2月2日の初出勤以降初めて終電前で帰れそうでした。ところが、終了直前に社長が登場。片づけを済ましてみんなで店を出ました。

「ジロー、うどんでも食ってくか?」

この一言。

ちなみにこの社長、渋谷の番長なんて呼ばれてる、超強面な人です。接してみると、親分肌でいい人なんですが。

そんな社長にチキンリトルな僕が逆らえるはずなどもなく。。

「お供します。」

と。

んで、先月まで働いていたうどん屋はすでに閉店していたので、別のお店へ。

いろいろとお話をして、お店を出たのが0:30くらい。

終電はないです。

すると社長、

「ジロー、送ってやる。」

と。

ありがたく社長のクーパーに同乗。

ただ、僕は普段から運転をしないし、たまにタクシーに乗っても携帯電話ばかりいじっているので、道を全然知らないんです。社長をタクシーみたいに扱うわけにもいかないし、正直困っていると、

「小伝馬町なら昭和通りだな。」

と、道を知っていそうなので安心しました。

そしていろいろお話をしながら、車が走ること30分。

道を知っている社長は自信ありそうです。

二人で話をするために少し遠回りしているのかなとも思いました。

が、

・・・いつもは10分かからないんですけど。

若干の不安が頭をよぎり始めた頃、突然停止するクーパー。

社長は言いました。

「ジロー、道を聞いてこい。」

降りてみると、そこは交番の前。

でもね、道を聞こうにも、現在地もわからないので、お巡りさんに向かってまずは一言。

「ここどこですか?」

・・・結果的にお家まで送ってもらえましたが、帰宅時間は2時前。

そっこーで寝て、飛び起きて出勤。

ただいま23:46。2月8日分、ブログ、間に合いました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました