My sweet home

 2008年M-1の予想はコテンパンに外れました。2007年に引き続き赤っ恥です。

(ちなみに、2年ともキングコングと予想。)

 ただし! オードリーのは漫才じゃない。。あれで優勝しちゃったら、次から観なかったかもしれない。あの決勝ネタに票を投じた審査員は、なぜ? 審査結果に全然納得いかないけど、同じような感想を共有できた友人もいるので、良しとしよう。


 ザ・プラン9が大好きなのは以前から変わらないけど、他にも好きな芸人さんがいます。

 例えば、”マシンガンズ”。カンニングの竹山が二人いるような、毒舌怒り漫才。ちょいちょいTVにも出てきてるみたい。

 他には、”我が家”。トリオのローテーション漫才が新鮮で、男前のリーダーが下ネタで落ちをつけるとこがおもしろい。ただ、最近はTV露出の関係で、下ネタを封印することが多いみたい。もったいない。

 この我が家に関しては、同じように思っているファンは多いようだ。

 先日、居酒屋で友人と呑んでいると、隣の席で飲み始めた若者達がお笑い談義を始めた。

 こちらはちょうど、いい具合に酔って、タイミング的には

「帰ろうか」
「もう帰ろうよ」

って頃。

ただ、隣の会話がなかなか熱い。僕も好きだし、ついつい横から聞いていると、だんだんヒートアップしてきた。

 そして、盛り上がってテンション絶頂で最後のセリフ。



「下ネタが無かったら我が家じゃねぇ!!」



・・そこだけ聞いたら何の話かわからん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました