IQなんて!

 今日は1月一杯まで働いていた職場の仲間と3人で飲んできました。恵比寿でしこたま飲んだ後、へべれけで書いています。手元には焼酎がございます。

 ところで、ブログタイトルに話のネタ帳とあるように、このブログは日記というよりは、普段話しているネタを書きためているものです。もちろん、ネタ帳が存在します。(実際に起きたことですが)

 で、今日も一緒に飲んだリョウ君(以前のブログ参照 )とは、深夜勤務でさんざん語り合っているので、いいかげん話すネタがないんです。そんな彼に今日、このブログのURLを教えてしまった以上、当分は一度話したネタは書きたくないんですな。今、PCのネタ帳を開いたところ、彼に話したネタをつぶすと、70を数えたネタがあらかた消えてしまいました。

 んなもんで、今日は普段あまり書かない(あまり人に話さない)ネタを書きます。

 前置きが長くなりました。5年前から3年前までにかけて、テレビ朝日で年に一度”test the nation”という番組を放映したのを覚えておいででしょうか。

 これは世界中で流行った、IQを計測する番組なんです。視聴者もTVの前で設問に答えて、後で答え合わせすることでIQをはかれるといった趣旨です。(なんかIQブームになったから、覚えてる人も多いんじゃないかな)

 結論からいうと、第一回目のテストで、IQ126を記録したんです。これはえらいこっちゃです。IQは130あれば天才と言われますので、凡人の最上級クラスです。

 ま、この時点では、TVの企画だからといった感覚だったんです。が、翌年も同じように放映されて、違った設問が用意されたうえで、僕はIQ124だったんです。これもえらいこっちゃです。(ちなみに、第三回目は127でした。)

 ところが、第2回目の”test the nation”には、初回とは違った趣向が用意されていました。それは、TV上のテストの進行に合わせて、iアプリで回答をテレビ朝日に送信することで、テスト結果(記憶やら論理やら数字やらの能力分布)を鑑みた、職業適性を教えてくれるとのことでした。

 当時、僕は務めていた渋谷の居酒屋を退職して5,6日。仕事を探さなきゃなぁと思っていた時期です。で、当時仲の良かった子とメールで進行状況を連絡しながら進めてたんです。次の仕事の就職活動のヒントにでもなればいいなぁと思いながら。

で、テスト終了。

結果を送信。すぐに結果が返ってきました。

結果は。

なんと、

「宇宙飛行士」

なるほど。

就職活動のヒントに、、

なるかいっっ!!!

そんな僕は前の職場でふざけすぎて、通称”できすぎクン”のリョウ君に、ダメガミくんとか言われてました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました